カードローン選びのおすすめポイントを伝授

銀行や信用金庫に労働金庫、消費者金融に信販会社など、様々な金融機関からカードローンが提供されています。

あまりにも多いため選ぶのに困ってしまいますが、目的や立場によっておすすめのカードローンが違ってきますので、参考にしましょう。

とにかく少ない負担でお金を借りたいなら、銀行のカードローンが一番おすすめです。

銀行が提供する商品の多くが低金利に設定されているからです。消費者金融や信販会社が最も高い金利で18%前後であるのに対し、銀行だと15%未満の低金利のものが目立ちます。

少ない借り入れで利息の負担を減らしたいなら、銀行をターゲットにしましょう。申し込んだその日のうちにお金を借りたい、休みの日にも対応してほしいと願うのであれば、消費者金融が便利です。

大手の消費者金融なら全国にたくさんの無人の店舗を構えており、自動契約機を通じてカードローンの契約がその場でできます。

土日や祝日であっても利用できるところばかりで、最短30分で素早く審査が完了します。

注目すべきは、ローンカードをその場で発行してもらえることです。機械から専用のローンカードが出てきますから、それを受け取ったら対応するATMに向かいましょう。

現金で素早くお金を借りられます。消費者金融独自のATMが自動契約機と併設されている例も少なくありません。

信用金庫や労働金庫、信用組合などでもカードローンを取り扱っています。

会員や組合員になっていると金利が優遇されるなどの優れた部分を持ちますが、引越しや転勤などで利用条件を満たせなくなってしまうと解約する必要が出てしまいますので、少し使い勝手の悪い部分があります。

地方銀行も同様の条件がある場合がありますから、全国対応の都市銀行系のカードローンを選ぶのが無難でしょう。

信販会社はほぼ消費者金融と同じような仕組みで一見すると地味な印象ですが、中には銀行に負けないほど低金利のカードローンが存在するのが特徴的です。